ほくろがあったら光脱毛は危険|施術はテープを張って・・・?

ほくろがあると光脱毛は危険だとも言われます。サロンによっては、ほくろのある箇所について脱毛の対象外とされていることもあります。

ほくろの光脱毛がなぜ危険なのでしょうか?

それは光脱毛の仕組、光の性質によります。光脱毛で使用する光は、ムダ毛の色であるメラニン色素に反応をして熱を照射します。シェービングをしたあとに脱毛の施術がおこなわれますので、光脱毛の光はダイレクトに毛穴の内部、毛根へ照射されます。

一瞬ですが、とても高温の熱を持った光です。ほくろは、肌の表面にムダ毛よりも大きな範囲でメラニン色素の塊があるという状態です。

万が一、光脱毛の光をほくろに照射してしまった場合には、とても大きな範囲に、とても強い高温の熱を持った光を浴びてしまうことになります。

そのため、皮膚の火傷や肌荒れのリスクが高くなってしまいます。

また、黒色メラノーマという皮膚癌の一種も、メラニン色素に光をあててしまうことによって発症するリスクがあるとも言われています。

ほくろにテープを貼って施術することも

ほくろがある場合、すべての脱毛サロンでの施術がNGかというと、光脱毛の施術可能なサロンもあります。

光脱毛の光が反応しない特殊なテープ(保護パッチ)でほくろを隠す方法です。ほくろだけをテープで保護してくれますので、ほくろの周囲はしっかりと光が照射されるようです。

気をつけなくてはいけないのは、実際には施術者次第という面もあります。

実際には、ほくろ照射されたかも?と心配している声も少なくはないようです。特に背中やうなじ、おしり、太ももの裏など見えない部分については、自宅で鏡などでほくろの確認をしておくと良いかもしれません。

見える部分についても、事前に確認はしておいた方が良いですね。

実際に施術前に保護テープの漏れがあるようであれば、自己申告しましょう。脱毛サロンを選ぶ際には、そのあたりの細かい部分についての口コミも参考になるかもしれません。

また、体験やキャンペーン時に自身でのチェックポイントとして覚えておくと良いかもしれません。

ほくろの除去は皮膚科でのレーザー治療が主流です。

そもそも、ほくろには良性と悪性があるようですので、気になるほくろについては皮膚科で診てもらう方が良いと言われています。

特に成人以降にふと出来たと思う場合、ほくろが広がっているような場合は要注意だそうです。

悪性のほくろとはメラノーマ(悪性黒色腫)といい、皮膚癌の一種です。その場合の切除などは、健康保険が適用になるようですが、ほとんどが良性のほくろであると思いますので、健康保険適用外です。

とは言えども、除去の治療そのものは1回のレーザー照射ですし、そんなに費用も高くありません。

1個あたり、小さいものであれば数千円程度と言われています。皮膚の状態やほくろの状態に合わせてレーザー治療にも様々な種類があるようですので、ほくろの除去に強い皮膚科を探してみると良いかもしれませんね。

インターネットでも検索できますし、雑誌やタウン冊子の広告欄などでも見つけられると思います。

生理中は脱毛の施術ができない理由

生理中に脱毛をすることは基本的にはできません。

なぜなら、生理中はいつもと比べてお肌が敏感になっているからです。ホルモンのバランスが乱れてお肌の状態が崩れてしまうため、施術したことによって炎症を引き起こしたりなどの肌トラブルを招く危険が高くなってしまうからです。ホルモンバランスが乱れることで、感染症のリスクも高まってしまうので、生理中の施術は避けるように促されます。

特にVIO脱毛は生理中は施術ができないため、生理に重ならないように予約をするか、重なってしまった時は連絡をし、施術日を変更するようにしましょう。

また、生理中は体調がすぐれなかったり気持ちが盛り上がらなかったりすることも少なくありません。

仮に施術を受けることはできたとしても、ホルモンバランスが乱れていることで、生理ではない時に施術するよりも、もしかすると効果も薄くなってしまう可能性はあります。ただ、脱毛サロンや医療機関によっては生理中でもVIO以外の部位であれば施術ができるケースもありますが、肌トラブルのことを考えたら避けておいた方が無難でしょう。

現実、ほとんどのサロンで生理中の脱毛は断られる

生理中に脱毛をすることは肌のことを考えても、やはり避けておいた方がいいのですが、ほとんどのサロンでは生理中の施術で万が一のことが起こらないよう、脱毛を断るケースが多い傾向にあります。

VIOについては生理中はできませんし、その他の部位であれば生理中でもできないことはないのですが、事前のカウンセリングなどで生理中の施術について説明があることがほとんどですので、しっかり理解しておきましょう。

毛周期に合わせて施術をすることはとても大切ですが、生理が終わった一週間後に仮に施術することになったとしても、一週間程度で毛周期が劇的に変わってしまうということはありません。生理周期があらかじめ分かっている時は、予約をする時に避けて予約をするようにしましょう。

それでも生理と脱毛日が重なってしまった時は、サロンに電話をして施術の日を変えてもらいましょう。特にお肌が敏感な方は、生理前後は避けておいた方が肌トラブルを予防することができます。

リスクがある時にわざわざ脱毛することはないので、無理やり生理中に施術をしないようにすることをオススメします。生理中に施術をしたからと言って必ずしも肌トラブルが起こるというわけではありませんが、備えるということはとても大切です。

脱毛の前にシェービングは絶対にやる必要がある!しかもサロンによってシェービングサービスの内容が異なる怪

気になる部位のムダ毛

シェービングで毛を短くしないとやけどのリスクも

脱毛をする前は、予めムダ毛を短くするように促されることがほとんどです。なぜかというと、シェービングをせずに光を照射すると、黒い色のものに反応するような仕組みとなっているため、表面に生えている毛に集中して反応してしまい、毛根の中にまでしっかりと照射することができないからです。

また、肌表面に毛が残っている状態での照射は、熱の発生率が高まってしまい、炎症を引き起こしたり肌トラブル、場合によってはやけどなどのリスクも高まってしまいます。ですので、脱毛前にはシェービングを行い、表面に出ているムダ毛を処理しておくことが大切なのです。

部位によっては前日、もしくは前々日に処理をするのがベストとなっていますので、事前にサロンなどで、施術の何日前にシェービングをしておけばいいのか確認しておくことをお勧めします。

シェーバーを使った方がいいケースもあれば、カミソリでも問題がないこともあります。脱毛前のシェービングでお肌を傷つけてしまっては元も子もありませんので、間違った方法でシェービングヲ行わないようにしましょう。古いカミソリは使わず、新しいカミソリを使うこと、1ヶ月以上使っているカミソリは交換しましょう。

シェービングが無料のサロン(例:エタラビ)もある

原則的に、脱毛前のシェービングは自分で行うことになっています。ただ、自分で行うことができない部位も、もちろんあります。そのような場合は、シェーバーを持参しサロンの方にシェービングを行ってもらえることもあれば、脱毛サロンによってはシェービングを無料でやってくれるところもあります。

逆に、シェービングは有料にて承っていますというサロンもあるため、シェービングについては、脱毛サロンごとにかなり異なってきているのが現状です。ただ、自己処理をしてしまうと赤みや炎症を引き起こしてしまう肌の方もいます。

そのような場合は、事前にサロンスタッフに相談をすることで、シェービングを代わりに行ってもらえることもありますので、無理をしてまで自分でムダ毛の処理をしていく必要はありません。ですが、肌トラブルが起きにくい方はできる範囲は自分で行っていきましょう。

ちなみに、医療機関においてもサロン同様、事前にムダ毛の処理をしてくるように促されることがあります。どの程度処理をしておけばいいのか、はじめはわからないことばかりなのは当然ですから、理想としている状態に一度剃ってもらって、それを次回から基準にして自分で行っていくという方法もいいかもしれません。

高校生でも脱毛サロンって通える?低年齢化が進む中サロンの対応の真相に迫る

脱毛サロンというと、以前までは20歳以上であることが多い傾向にありましたが、近年は高校生や場合によっては小学生・中学生でも通うことができる脱毛サロンが登場しています。

一番外見が気になる多感な時期でもある高校生で脱毛することができるというのは、とても素晴らしいことです。しかしながら、すべての脱毛サロンにおいて高校生の施術が可能かと言えば、そうではないサロンもあります。

ただ、最近の脱毛機器というのは、お肌に優しく成長期である子供にも安心して施術が受けられるように作られていますので、トラブルも少ないという特徴があります。ですが、成長期であるがゆえに、高校生の頃に脱毛をしたとしても数年後に生えてきてしまうというケースもあります。

もちろん、元のように戻ってしまうほど毛が生えてくるということはまず考えられませんが、成長期での脱毛は、成人が脱毛するのとは少し違ってくるということを覚えておいた方が良いでしょう。未成年は未成年なりの契約上のルールがあります。それを守れば、安心して施術を受けることができます。

ただし親の承諾書など必要がことが多い

高校生でも可能な脱毛ではありますが、未成年であるということが考慮されるため、脱毛をする際には親権者である者の承諾書が必要になるケースがほとんどです。

なので、両親や親権を持っている人に黙って脱毛をするということができないので、事前に相談をして承諾を得たうえで一緒に脱毛サロンに行きカウンセリングを受けるなどした方が無難です。同伴が無理な場合は、電話での確認が入ります。我が子がムダ毛で悩んでいるのですから、何とかしてあげたいと思うのが親です。

自分自身も納得して脱毛ができるよう、事前にしっかりと相談をしておきましょう。承諾書がなければ、契約をすること自体できません。また、親権者と偽って友人などにサインをしてもらったとしても、脱毛サロン側が承諾書に記載されている責任者の方に連絡をすることになります。

この時点で、偽っているかどうかがわかってしまうことがほとんどです。脱毛サロン側も高校生に施術をするということで、それなりのリスクを背負っています。万が一のことに備えるという意味でも、承諾書は必要となってきます。

高校生でも脱毛をすることができるようになっている時代です。悩みやコンプレックスを感じているのであれば、脱毛するのも一つの方法です。

脱毛サロンの脱毛器はどんなのがある?最新のSHRはメリットが多くて今後主流になる可能性も

エステティックサロンで相談する女性

■SSC脱毛とは

SSC脱毛とは、「スムース・スキン・コントロールメゾット(Smooth Skin Control)」を略した言い方です。もとは、イタリアの企業が日本の脱毛市場に向けて特別に開発した、今まで行われてきていたような脱毛法とは全く違う方法により脱毛することを可能にしました。

とはいっても、正直、専門家にしかわからない内容ではありますが、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などが今までは一般的な脱毛方法でした。これはIPL方式Ⅱ分類されるのですが、この方法は特殊な光を毛根やその周辺にあたるように照射することにより、熱の力で毛の再生能力をなくさせるというのが目的で行われています。

まず、SSC脱毛は、特殊なジェルをひとまず肌に塗布し、毛穴に浸透させるところからはじまります。ジェルの中に含まれている成分が光を照射したことで制毛効果を発揮するというものです。従来の脱毛方法よりも施術を重ねるごとに美肌になるという大きなメリットがあるため、大手脱毛サロンで取り入れられている脱毛方法でもあります。

ただ、脱毛といっても「制毛」と謳っていますので、毛量を少なくして目立たなくさせると言った方が正解かもしれません。お肌のケアと同時に脱毛することができるため、若い女性を中心に人気のある脱毛方法となっています。

■SHR脱毛とは

SHR脱毛とは、特殊なジェルの上から弱い光を連続して照射することで、毛包に熱を集中させ脱毛していく方法をさします。毛包にのみ作用する成分を含んだジェルが脱毛しながら、美肌へと導いてくれるという画期的な方法でもあります。

痛みも温かさを感じる程度なので痛みに敏感な方でも安心して施術を受けることができますし、お肌へのダメージもほとんどありません。ワキの脱毛であれば10秒で1000本近くを一気に照射することができるため、1分~2分程度で終わってしまいます。医療機関で行っているようなレーザー脱毛は効果が高い分、痛みが強いのが難点でした。

しかしながら、光による同じ脱毛でもSHR脱毛は痛みがなく熱を蓄積することができるため、従来の脱毛サロンで行っている脱毛方法と同じくらいの効果を実感することができます。また、広範囲による照射が可能になっているので、ヒザ下の脱毛など範囲の広い部位の脱毛にかかる時間も短く済むというメリットがあります。

今までは、日焼けをしたお肌やほくろの部位に生えている脱毛は難しかったのですが、SHR脱毛なら施術が可能であることから、今後はさらに注目されるであろう脱毛方法だと言って良いでしょう。毛周期に関係なく施術をすることができるという点も、従来の脱毛方法よりも優れています。

脱毛はキャンペーンをうまく使うことが大切!

各サロンには格安のキャンペーンプランがある

脱毛サロンと聞くと、どういう印象を抱くでしょうか。高いイメージがある方もいるでしょうし、敷居が高いイメージを持っている方もいるでしょう。

確かに、一昔前までの脱毛サロンというのは値段も高く敷居も高い、お金に余裕のある人が通っている場合が多かったのですが、近年の脱毛サロンは学生でも通うことができるくらい格安な料金で施術をすることができるようになってきています。また、脱毛サロンの件数が増えてきていることで、それぞれが知恵を出し合い様々なキャンペーンが出てきています。

キャンペーンの内容は各サロンによって異なってきますが、格安で脱毛することができるようなキャンペーンはどこのサロンでも行っているので、かなり通いやすいはずです。施術部位が限られていたりするケースもありますが、初回限定や初めての方限定など、初めて脱毛をされる方にとって嬉しいキャンペーンがたくさんあります。

また、他のサロンから移って脱毛をされる方専用のキャンペーンも最近は出てきています。

格安で脱毛をすることができるキャンペーンのなかには、納得するまで何度でも通うことができる回数と期間無制限でワキ脱毛を行うことができるというビックリしてしまう内容のキャンペーンも行われています。

ただ、キャンペーンというのは期間が限られていたり、プランの内容が予め決められていたり、回数が少なく設定されていることが多い傾向にあります。安く施術することができるということは、通常のプランよりも何か足りない部分があるというケースも多いので、キャンペーンを利用する時の心構えとして、あくまでもお試し脱毛ができるという感覚でいるといいかもしれません。

格安のキャンペーンだけで満足のいく仕上がりを求めていると、後悔につながったり満足度を下げてしまうことにつながります。ですので、格安キャンペーンは、脱毛の満足度をあげるための一つのポイントとして利用していきましょう。

格安キャンペーンを上手に活用することで、よりお得に脱毛することができます。また、お友達同士、家族で一緒に脱毛を始めるとさらにお得な料金で脱毛することができるキャンペーンなどもあります。

以前よりも格段に通いやすくなっている脱毛サロンですが、やはり一人では不安があったりするような場合は、友達や家族と一緒に足を運んでみるといいかもしれません。

永久に効果のある脱毛ってあるの?唯一の永久脱毛と呼べるのはニードル

アメリカ電気脱毛協会が定める永久脱毛の定義とは

ここ数年で飛躍的に成長を遂げた脱毛の世界ではありますが、永久脱毛と謳って良い脱毛とそうではない脱毛があります。アメリカの電気脱毛協会によると「脱毛終了時から一ヶ月間何もしない状態で毛の再生率20%以下」であれば、永久脱毛と言えると定めています。

つまり、脱毛をした部分が20%以上毛が生えてこなければ、原則には永久脱毛ができていると言っていいということになるわけです。また、その他にも、定義に組み込まれてはいないものの、永久脱毛と謳えるのは医療レーザーを扱うことができる医療機関でのみ施術できる脱毛方法となっています。一般的に永久脱毛というと、「永久」とつくだけあって一生ムダ毛が生えてこないイメージがあります。

しかしながら、実際の定義では、永久脱毛は永久的に絶対に生えてこないことを指しているわけではありません。実際には、少々曖昧で20%以下の再生率に抑えらればOKということなのです。もっと簡単に言ってしまえば、脱毛をしても生えてくる可能性は十分にあります。

完全に永久なのはニードル脱毛だけ

永久脱毛の定義とは現実には曖昧な状態にあるわけですが、実際に脱毛をする上で、永久脱毛に近い、もしくは永久脱毛が可能なのがニードル脱毛です。絶縁針とよばれる特殊な針を毛穴の一つ一つに刺し、毛を作りだす細胞を破壊していきます。

それほど強い電力を一瞬のうちに流すので、脱毛効果はかなり高く、よって永久脱毛と謳うことができるのです。しかしながら、ニードル脱毛における永久脱毛は、高度な技術が必要とされています。一度針をさした毛穴からは毛が生えてくることはほとんどないのですが、毛穴に針を刺すという行為はかなりの痛みを伴うことも少なくありません。

脱毛にかかる時間や費用などは、他の脱毛方法に比べて時間もかかり費用も高い傾向にはありますが、その分かなりの効果が期待できます。2ヶ月に一度くらいのペースで脱毛を行っていけば、平均的な毛量の人であれば脇脱毛なら1年~1年半程度で、終わることが多いとされています。

永久脱毛と謳うことができない脱毛方法は痛みが少なかったりする分、効果が出るまでに時間がかかるケースも少なくありません。せっかく脱毛をするのですから、完全に生えてこないに越したことはないのです。ですから、いろいろな脱毛方法が出てくる中であっても、ニードル脱毛はいまだに衰えることがありません。